So-net無料ブログ作成

吹奏楽コンクール埼玉県大会、中学B・高校Aの県代表決まる。一喜一憂 [吹奏楽]

やっぱりこの季節はどうしても吹奏楽コンクールの話題が続いてしまいます。

おととい中学Bの部、昨日高校Aの部の県大会が開かれました。

高校Aの部はダメ金なしの金賞が全部県代表でした。金賞・代表は以下の通りです。

春日部共栄、松伏、越谷西、本庄一、埼玉栄、大宮、花咲徳栄

春日部共栄、埼玉栄は全国大会で昨年金賞ですから順当ですし、大宮、松伏、花咲徳栄も順当でしょう。番狂わせと言えるのは、全国大会出場経験のある与野が落ちてしまったことです。妻の話ですと、地区大会ではめっちゃうまかったとのことですので、何かアクシデントがあったのかもしれません。本番は怖いですね。

中学Bの部の金賞・代表は以下の通りです。

志木市立志木中、川口市立十二月田中、蓮田市立黒浜西中、朝霞市立朝霞第一中、川口市立戸塚西中、春日部市立豊春中、本庄市立児玉中、川越市立鯨井中、坂戸市立浅羽野中、三郷市立早稲田中、久喜市立久喜東中

あと、銀賞の中から県代表が1校出ました。蕨市立第二中です。こういうケースもあるのですね。嬉しかったと思います。

中学B県代表の選曲をみると、以下のようになっています。

ミュージカル「ミス・サイゴン」(シェーンベルク)、ライトオブマイソウル(ギリングハイム)、雪月花(櫛田朕之扶)、3つのジャポニズム(真島俊夫)、バレエ音楽「スウィーニ・トッド」(アーノルド)、波の通り道(酒井格)、バレエ音楽「中国の不思議な役人」(バルトーク)、「もののけ姫」セレクション(久石譲)、喜歌劇「チャルダッシュの女王」セレクション(カールマン)

もののけ姫が2校入っていますね。聴きに行った妻の話だと、中途半端に難しい曲をやった曲は落ちている。12校の県代表のうち、昨年と連続して県代表になったのはわずか4校で、シードでも落ちたところがあったそうです。まさに戦国時代ですね。

バレエ音楽「スウィーニ・トッド」(アーノルド)は、長女の所属する埼玉大学の昨年の自由曲で、埼玉大学指揮者の小峰先生の編曲です。演奏した朝霞一中とつながりがあるのでしょう。長女も今度、教えに行くそうです。

次女の川越城南中は、残念ながら銅賞に終わりました。瞑と舞(池上敏)は曲が難解すぎたか。次女はがっかりして「ああ~、私の青春は終わったぁ」などと言っています。まだ高校も大学もあるじゃないか~。

埼玉県大会は、今日、高校Bの部と中学Aの部、小学校が行われて閉幕します。

にほんブログ村 クラシックブログ オーボエへにほんブログ村 クラシックブログ 室内楽・アンサンブルへにほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ 

ブログのランクがアップするので、よろしければ上のボタンを押してください。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 6

センニン

熱中できるものがある事は素晴らしい事ですね。
青春はまだまだですね。
悔いのないように過ごす事が大切ですね。しみじみそう思います。
by センニン (2010-08-12 20:55) 

ユーフォ

↑ 同感です~!(^^)!
まだまだこれから~
まさに第一楽章ですよね~♫
by ユーフォ (2010-08-12 21:13) 

yablinsky

ピアノの外国のコンクールで日本人が実力を発揮できないのは難しい曲を選びすぎていると聞いたことがあります。選曲は実力がもっとも発揮できるものを選ぶのがよいのでしょうかね。
by yablinsky (2010-08-12 22:41) 

ながぐつ

センニンさん、コメントありがとうございます。
そうですね。まだまだです。
その前に高校受験があり、また高校の青春があり、また大学受験があり、その先には大学の青春が待っていますね。
by ながぐつ (2010-08-12 22:51) 

ながぐつ

ユーフォさん、コメントありがとうございます。
そうですね。第1楽章ですね。
高校が第2楽章、大学が第3楽章、社会人が第4楽章・・・

ずっとコンクールに出るかどうかは別として、やる気になれば、楽器はずっと続けられるものですね。親がこの年で続けているのだから・・・

by ながぐつ (2010-08-12 22:53) 

ながぐつ

yablinsky さん、コメントありがとうございます。
県代表になったところ以外にも県大会出場団体の中にジブリの曲をやったところがかなりあったようです。
わけのわからない現代音楽を中学生がやるのはかわいそうな気がします。
おっしゃるとおり、身の丈にあった選曲をしたほうが、結果も出ると言うことが、最近の審査の傾向になってきたのは、良いことだと思います。
by ながぐつ (2010-08-12 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0